変形性膝関節症

変形性膝関節症の悩みを早期に根本改善へ


もう大丈夫です!

当院には変形性膝関節症をはじめ足の裏の痛みを訴えられる方が
非常に多く来院されており、たくさんの方から喜びの声をいただいております。

変形性膝関節症は悪化すると関節が硬くなり、
立ち歩きがつらくなる進行性の関節症です。

もし、あなたがつらい変形性膝関節症でお悩みでしたら
当院まで気軽にご相談ください。


パソコンから閲覧の方は下のQRコードを
スマートフォンなどで読み取ってください。

 

そもそも変形性膝関節症」ってどんな症状なの?


「変形性膝関節症」は50歳以上の方に多く見られる、
「関節軟骨の変性」を基盤とした非炎症性の疾患です。
加齢に伴い、膝の軟骨がすり減って痛みが出現し、
太ももの骨とスネの骨の間の関節部分に軟骨がありますが、
加齢やスポーツ・おケガにより膝関節の軟骨部分が
すり減って痛みを起こすとされています。

またロコモティブシンドロームの原因となる代表的な疾患で
進行するとともに日常生活がおくりにくくなることが多くなります。

 

原因① 心理的要因



危険因子はスポーツ・肥満などですが変わったところで、
最近の研究では「うつ」との関連性も指摘されています。
これは膝の痛み・炎症が長期にわたると、
その心理的ストレスが内臓の疲労を起こし、
痛み受容器の感度を高め(要は痛みやすくなるという事)
自然治癒力が落ちてきてしまうことがあるのです。
そのような状態に対しては鍼灸治療など
東洋医学的な観点(体の内側のバランスを整える)
からの治療も有効になってきます。

 

原因② 下肢骨格の歪み



骨盤・股関節・膝関節・足首・カカトの関節に歪みが出ると
O脚になり、変形性膝関節症の症状が改善しにくくなります。
また歩幅は狭くなり歩隔(足幅)がひろくなります。
そうするとまっすぐではなく
「ジグザグ」に歩くように歩くようになり、
疲れる割には前に進みにくい状況になってしまいます。

 

原因③ インナーマッスルの低下と筋膜の癒着



インナーマッスルの低下は姿勢保持を難しくして
臀部や膝周りの外の筋肉(アウターマッスル)
を過剰に使うようになります。
過剰に使われた筋膜は硬くなり癒着しますので
痛みの原因になります。

 

一般的な「変形性膝関節症」への対処法は?


一般的に変形性膝関節症と診断されると

自転車でのリハビリ
テーピング
ステロイド注射
湿布・痛み止め
サポーター
などが行われることが多くなります。

整形外科では症状が進行し歩行が困難になれば
「人工関節置換術」を勧められることが多くなり、
術後の経過を良くするためにも
正しいリハビリが重要になってきます。

 

当院での「変形性膝関節症」に対するアプローチ


対策①心理的要因
長期間におよぶ痛みは自律神経の変調をきたし
自然治癒力の低下を招きます。
経験上、変形性膝関節症を患っておられる方は痛みに関して敏感で
交感神経優位・過緊張になっておられる方が多い気がします。
自律神経を安定させるツボに鍼灸治療を行い、
内臓の機能をあげ膝への血液循環を良くして
治りやすい体を作り上げます。

対策②下肢骨格に対するアプローチ
変形性膝関節症の方の多くは「踵の捻じれ」を生じておられます。
踵の捻じれは膝の軸をずらし「膝軟骨のかたへり」を生じさせ
痛みを感じやすくします。
立ち歩きをしやすくするためにもオーダーメイドのオーソティックス(インソール)で
重心バランスを整え、軸を安定させることをお勧めします。

対策③筋膜に対するアプローチ
膝が痛いからと言って膝だけの治療では限界があります。
スネの外側や臀部の筋肉の癒着の解消や骨盤底筋を代表する
インナーマッスルの強化・安定が変形性膝関節症の
根本的な改善に欠かせないのではないかと考えています。
正しい「運動」・効率的な「歩行」で一生歩ける体を作ってください。



初めまして!

でしまる整骨院・鍼灸院、「足」の治療院
院長の弟子丸 隆です。

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

「健康寿命」という言葉を聞いてから久しくなります。
健康寿命とは、健康上の問題がない状態で
快適に過ごせる期間を言いますが、
平均寿命との差は
男性で9年、女性で12年の差があるといわれています。

誰しも健康に不安なく、生き生きとした生活を
送りたいと思っています。

しかし、
身体に痛みを感じたり
歩くのが遅くなったり
思い通りに身体を動かせなくなってきます。

 

では、その根本的な原因はどこにあるのでしょうか?

実は、大半の原因は「足の歪み」から起こる
運動器(骨格・筋肉・神経)の衰えにあります。

骨格は、姿勢が崩れたり、背筋が曲がらないように
人体の支柱となっています。

筋肉は、質と量が大切で、関節を動かしたり、
体幹を支えています。

神経は、自律神経のことを差し、
体内のあらゆる機能を調整し、バランスを整えています。

当院では、この3つの原因に対し、
表面上の痛みをやわらげる対処療法ではなく

「痛みの出ない身体づくり」を推奨し、

根本となる「足から体を整える」施術を行っています。

なぜなら、痛みは結果でしかなく、
その痛みの根本的な原因を探し出し、

施術を行うことが、皆様の健康寿命を
延ばすことに繋がるからです。

『ご自身の身体はこんなものだ』と
慣れてしまい、どこか諦めていませんか?

身体は変わります。

『人生最後の日まで、自分の意志と、
自分の足で生活できるようになっていただきたい』

そのため、私たちにできることはすべてやらせていただきます。

当院が行う「手当て」を通じて、
一人でも多くの皆様のお役立ちをしていけるよう
邁進してまいりますので、よろしくお願いいたします。

略儀ながら、ご挨拶申し上げます。

 


パソコンから閲覧の方は下のQRコードを
スマートフォンなどで読み取ってください。


1.足から身体を整える専門治療

当院は開業してから一貫して
「足から体を整える」専門治療を
施させていただいております。

足のくずれが骨盤の歪みにつながり、
つらい頭痛や肩こり・腰痛・ひざ痛などにも影響します。

2.総合病院皮膚科&産婦人科院との提携

でしまる整骨院・鍼灸院ではみどりヶ丘病院:皮膚科と東山産婦人科院との提携をさせていただいております。

東山産婦人科へは週に1度当院から出向して「骨盤ケア外来」を開設しており、同院でご出産された方を対象に治療させていただいております。

また産後を迎える女性の為の「母親学級」を定期的に開催しており、自宅でのセルフケアなどのご指導をさせていただいております。

3.専任の保育士が大切なお子様を見守ります。

産後のママさんからいただく声で多いのが

「痛いところはたくさんあるけど、子供が小さくて連れていけない」

「子供を連れていきたいけど泣いたらどうしよう」

「他の患者さんに迷惑かも」というお話をよく聞きました。

でも大丈夫!

専任の「保育士」が大事なお子様を見守ります。

4.女性の施術者も選べる

当院に来院される患者様は整骨院や整体院、マッサージ店などにも行かれたことがない、初めての方が多いのも特徴になります。

初めてのところはよくわからないので少し不安ですよね。

ましてや体を触ってもらい治療を受けるのも、最初は抵抗があると思います。

そのような方でも気軽に来院できるように女性の施術者(副院長)が施術を担当させていただくことも可能です。3人の子供の母親でもありますので、疑問点や聞きたいことなどありましたら何でもご相談ください。

5.開業して20年以上の実績

生まれ育った地元、高槻でお世話になって今年で22年目になります。

当時、ひとり治療院として開業し、ここまでやってこられたのも、ご縁のある方々のおかげだと痛感しております。今は「巻き爪」「外反母趾」や「タコ魚の目」の足の治療と「産前・産後のお体のケア」「美容鍼灸」を中心に国家資格保持者のスタッフで施術させていただいております。これからも、院内勉強会や全国の治療家の先生方へのセミナー活動などを定期的に行い、技術の研鑽につとめて参ります。


パソコンから閲覧の方は下のQRコードを
スマートフォンなどで読み取ってください。